東灘区住吉や摂津本山で司法書士に「過払い金」「相続登記」「会社設立」などでお悩みの方はご相談ください。
トップページ > 運営方針

なぜ必要なのか?


2008年3月1日から「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(資金洗浄・マネーロンダリング防止)が施行されました。
これにより、兵庫県司法書士会の規程によって『本人であることの確認』と『依頼事務に関する意思の確認』が
同会所属の司法書士の義務となりました。


どのような時に必要なのか?


・宅地、建物の売買
・会社、組合、法人などの設立、合併、組織、運営、管理に関する行為
・現金、預金、有価証券などの管理、処分


どのような書類で確認するのか?

下記のような書類を提示いただき、原本又はコピーを頂戴いたしますので、ご協力をお願いいたします。

<個人の場合>
運転免許証、住民基本台帳カード(氏名・住居・生年月日の記載あるもの)、パスポート、健康保険証
国民年金手帳、外国人登録証明書 等

<法人の場合>
登記事項証明書、印鑑登録証明書 等 及び 実際の取引担当者の『本人確認』書類


詳しい解説を掲載するページ・こぼれ話・その他サービスの紹介サイト