「相続」に関して、遺言・遺産分割協議書・必要書類・相続関係説明図などでお悩みの方は専門家にご相談ください。
トップページ > 不動産登記・相続問題 > 相続関係説明図

相続関係説明図とは?


本来の用途は、土地の境界確定申請のとき、土地の登記名義人が死亡しており、相続人が決定していない場合に
「相続を証する書類」として作成します。
その他、相続関係説明図を作成し、役所へ提出する意味は、戸籍、除籍(改製原戸籍)謄本を原本還付する場合に
そのコピーを添付する必要がなくなります。
また、法務局の職員においては、複雑な相続関係をチェックしやすいという二次的な効果が期待できます。


作成に必要となりうる書類は?


相続手続きは、その性質上、各案件の内容によって権利関係や人情・心情など千差万別です。
ご相談のなかで、下記一例の中から必要となる場合に最適なものをご提案させて頂いております。

「遺産分割協議書」 「特別受益証明書」「相続分不存在証明書」 「相続分譲渡証書」
「改製原戸籍」「除籍謄本」「戸籍の附票」など


書式は?


インターネット上や書店などで無数に公開されておりますので、必要に応じてお探しください。

「相続関係図 書式」「相続関係説明図 書式」「相続関係図 雛形」「相続関係説明図 雛形」など
このようなキーワードで検索すると無数にでてきます。

詳しい解説を掲載するページ・こぼれ話・その他サービスの紹介サイト