「相続登記」には必要になる書類が沢山あります。専門家に任せて大切な時間を失わないようにしましょう。
トップページ > 不動産登記・相続問題 > 相続登記に必要となる書類

戸籍とは民事局法務局が、戸籍法等をもって管理・運用している大切な制度です。
同制度は、一般的な方々からみると難解で複雑な部分もあると思います。
一般の方が、申請などを行う場合には、不慣れなため何度も役所に足を運び、大切な時間を失う事例が少なくありません。

※少しでもよく分からない点がありましたら、お一人で悩まずに、専門家である当職にお気軽にご相談ください。

被相続人(亡くなった人)に関する書類

・被相続人の戸籍等(除籍・改製原戸籍等)
・被相続人の死亡記載のある住民票の除票等
・被相続人の所有物件の固定資産税評価証明書


相続人に関する書類

・各相続人の戸籍謄本(抄本でも可)
・各相続人の住民票(各相続人のみの記載があれば可)
・各相続人の印鑑証明書
・その他(遺産分割協議書、特別受益証明書、相続放棄受理証明書、etc)


その他

相続関係説明図」が必要となる場合もあります。


注意事項

登記簿上の被相続人に関する記載(住所や氏名)が、何らかの事情で間違っている場合や、登記簿上の住所と
被相続人の 死亡時の住民票との関連を証明する住民票等が、その証明書の閉鎖後5年以上の期間経過により
交付されない場合等には別途、『上申書』や『不在住・不在籍証明書』や『被相続人名義の権利書』等の書類や
申請手続きが必要となる場合もあります。

詳しい解説を掲載するページ・こぼれ話・その他サービスの紹介サイト