神戸市で司法書士に「自己破産・任意整理・個人再生」「不動産登記・商業登記」「会社設立・企業法務」でお悩みの方はご相談ください。
トップページ > Q&A・よくある質問
よくある質問とご回答

良くある質問とご回答(相談事例など)


裁判事務(借金問題・多重債務)関連について


任意整理や債務整理とは、どのようなものですか?
広告などでよく見かける「払いすぎたお金が戻ってくるかも?」といった借金問題に関する手続きの事です。
>>任意整理について、費用や効果や条件など詳しくはコチラをご覧ください。
自己破産とは、どのようなものですか?
借入金など返済が著しく困難もしくは不可能となった場合に、債務全てを免責する手続きの事です。
>>自己破産について、費用や効果や条件など詳しくはコチラをご覧ください。
個人民事再生とは、どのようなものですか?
総債務額の5分の1(100万円以上)を3年間(最長5年間)で分割返済する制度の事です。
>>個人民事再生について、費用や効果や条件など詳しくはコチラをご覧ください。
特定調停とは、どのようなものですか?
簡易裁判所を利用して、調停を申し立て借入金などを3年~5年以内で返済できるよう交渉する事です。
>>特定調停について、費用や効果など詳しくはコチラをご覧ください。

不動産登記(相続登記)関連について


相続手続きの全体像や流れとは、どのようなものですか?
とても大切な手続きで様々な法律で決まりが定められています。下記にまとめておりますので、ご確認ください。
>>相続手続きの全体像や流れについて、詳しくはコチラをご覧ください。
相続には遺言書というものが必要なのですか?
必ず必要ではありませんが、その有無や種類によって、手続の過程でトラブルを回避できるかもしれません。
>>遺言書の種類について、詳しくはコチラをご覧ください。
相続には必要な書類とは、どのようなものがありますか?
大きく「亡くなった人に関する書類」と「相続を受ける人に関する書類」になります。
>>相続に必要となる種類について、詳しくはコチラをご覧ください。
不動産登記とは、どのようなものですか?
土地や建物を『売買・賃貸・相続・遺贈・贈与・交換』したとき等に必要となるとても大切な制度です。
>>不動産登記について、費用や条件など詳しくはコチラをご覧ください。
不動産登記について、どのような相談事例がありますか?
お一人ずつ悩みの種類は様々で、多くの事例が御座います。その中から多いモノをまとめてみました。
>>不動産登記について相談事例など詳しくはコチラをご覧ください。

商業登記関連について


株式会社などの登記事項とは、どのようなものですか?
株式会社・合名会社・合資会社・合同会社など、登記に必要となるモノは様々です。下記よりご確認ください。
>>各種法人設立について登記事項など詳しくはコチラをご覧ください。
商業登記・会社設立について、どのような相談事例がありますか?
お一人ずつ悩みの種類は様々で、多くの事例が御座います。その中から多いモノをまとめてみました。
>>商業登記・会社設立について相談事例など詳しくはコチラをご覧ください。

その他


会社設立(商業登記)や不動産登記は、自分一人で出来ますか?
はい、可能だと思います。本人申請を支援しておりますので、ご不明な箇所が出ましたらご利用ください。
>>本人申請の支援について、費用や利用条件など詳しくはコチラをご覧ください。
料金(税金+実費+報酬)について明確に教えてくれますか?
はい、明確にお伝えしております。法律により、依頼者に料金を明示することは義務づけられております。
>>料金について法律など詳しくはコチラをご覧ください。
大学生などの就業体験(インターンシップ)は、受入れくれますか?
はい、受入れております。時節などにより条件が発生する場合がございます。
>>就業体験(インターンシップ)など求人について、詳しくはコチラをご覧ください。
司法書士と企業法務の関連性についてよく分からないのですが?
多くの企業活動に発生する商取引や土地建物の取引について司法書士が活躍できると考えております。
>>司法書士と企業法務について、詳しくはコチラをご覧ください。

詳しい解説を掲載するページ・こぼれ話・その他サービスの紹介サイト